今から20数年前スウィングジャーナルで「道場破り」という企画があったのを覚えている方もいらっしゃると思います。 音に関してシステムの作り方には昔からこだわっていましたが、当時はアンプなどかなりマニアックなこだわりを持っていました。 現代ではライブが中心となり生のジャズに取り組んでいますが、音に対する厳しさは今でも変わりません。 続きを見る
▲ページのトップへ戻る