キャロル ボーカル
キャロル
キャロル山崎
東京都出身。父はアメリカ人、母は日本人。静岡県富士市で育つ。
清泉女子大学在学中からモデルとして雑誌のグラビアやテレビのイメージガール等で活躍。
82年TBSドラマの主題歌”ラブ・イズ・フォー・オール・シーズンズ"で歌手デビュー。
自作曲を含むオリジナルアルバム”アモーレ”を発表。
その後叔父の勧めでジャズに興味を持ち、沢田靖司氏に師事。白人系のロマンティック・クルーナー法を実践し、華やかな演出を加えたステージングで人気を集め様々なミュージシャンと共演。
93年には本邦ジャズボーカル界の最大イベント「第9回ジャズボーカル賞」の新人賞を受賞。
この賞はその年もっとも活躍した新進シンガーに贈られるもので彼女の優れた歌唱力とエンターテインメント、 優しい人柄などが認められたものである。
現在、全国の一流スポット、ホテルのディナーショーやコンサートに出演し、スターシンガーとして輝きを増している。
http://www.carolyamazaki.com/
▲ページのトップへ戻る