セシル・モンロー ドラムス
セシル・モンロー
Cecil Calvin Monroe(セシル・キャビン・モンロー)
セシル・モンロー
1955年 8月25日 NY生れ
14才でドラムをたたき始める。
セシルは小さい頃から音楽にかこまれて育った。姉からはRock.R&B.フュージョンなどの影響を受け、そして一番彼に影響を与えたのは彼の両親だった。両親はセシルにジャズを体で感じることを教えた。また、セシルの弟ロンは、プロのべーシストとして現在NYで活躍している。
セシルは一人で練習することが多かったが、時々ハーレムのジャズモビールで、今は亡きフレドリック・ウェイツ氏などについて習っていた。彼の育った環境は今の彼にとても大切な部分であり、彼の演奏を聞いてもそれが感じられる。ジャズ.ロック.ファンク.フュージョンなど、ジャンルにこだわらず柔軟であり、そしてパワフルでありながら繊細でずば抜けたリズム感をもっている。
彼が日本に来たのは1978年そして日本の数多くのミュージシャンとセッションしている。 彼は実に独創的なドラマーである。

Cecil Calvin Monroe
Cecil Monroe was born in Woodside, New York, on August 25, 1955.
He received his first drum set at the age of 14. His elder sister, Rai,influenced him in Rock, R&B and Fusion, while his mother, Eunice,and father, George, played an important role in influencing him in a wide range of Jazz. Cecil's younger brother, Ron, is also a professional bassist, performing in New York.
Cecil, for the most part, is a self-taught musician, although he did study for some time at Harlem's Jazz Mobile Workshop, under the direction of the late Fredrick Waits.
In 1978 Cecil came to Japan, after joining the Air Force. While in Japan he began playing with local musicians, which led to a long music career in Tokyo, after seperating from the Air Force.
Being influenced by a variety of music, has rewarded Cecil versitility, power and sensitivity to play a vast range of music,(Jazz, Rock, Funk, etc.). He is recording and performing throughout Japan and sometimes abroad.
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/3679/
▲ページのトップへ戻る