出口 誠 ピアノ
出口 誠
出口 誠(でぐち まこと)
1969年1月13日、和歌山県和歌山市生まれ。
幼少の頃より音楽に親しみ5歳からピアノとエレクトーンを習い始める。
大坂音楽大学作曲家に進学し、クラシックの作曲法を専攻するが、ハービー・ハンコックのレコード「 Speak like a child 」を聴きジャズの虜になる。
大学内の Big Band に参加し、西山満(Bass)のコンボでプロ入りする。
関西のライブハウスで活躍した後、1994年に上京する。
大井貴司(Vib)カルテット、リチャード・パイン(As)カンパニーのレギュラーとなる他、松本英彦(Ts)、佐藤正美(G)、大坂昌彦(Ds)、谷口英治(CL)等、多数のミュージシャンと共演する。
また1996年より、多彩な音楽生を生かし、オペラ歌手「中島啓江」のツアーメンバーとなり、全国のコンサートホール、TV、ラジオ等に出演するようになる。
現在、ジャズのライブシーンで多忙な毎日を送る傍ら、作・編曲等の活動も精力的に行っている。
▲ページのトップへ戻る