早間 美紀 ピアノ
早間 美紀
早間 美紀(はやま みき)
京都生まれ。NY在住。大阪音楽大学短期大学部ピアノ科卒。
ジャズピアノを藤井貞泰氏に学ぶ。96年横浜プロムナードコンペティションに早間美紀トリオで優勝並びに洗足学園賞を受賞。
その後NYへ単独渡米。
渡米後すぐに、ジャズ&R&Bバー“アーサーズ・タバーン”のレギュラーピアニストとして演奏する傍ら、スムーズ・ジャズに傾倒して家で作曲をする日々を送り、R&Bドラマー、デニス・デイビスとの打ち込みセッションや、オマ―・ハキム(ds)やロイ・エヤーズ(vib)等の大物が参加したR&Bコンピレ−ションアルバムにキーボーディストとして参加。
2001年、とあるジャズクラブでケニー・ギャレット(a.sax)に出会って以来セッションを重ねながら、ジャズに対する新たな刺激を受け、多くのものを学ぶ。
2002年の大半は日本に住み、東京を中心にジャズライブハウスに出演し、数多くの日本人ミュージシャンと共演し、その後2003年にニューヨークに戻ってからは、ケニー・ギャレット(a.sax)カルテットでジャズフェスに出演した他、ビンセント・ハーリング(a.sax)カルテットや、ローランド・アレキサンダー(t.sax)クインテット等でも活躍。その他、カール・アレン(ds)、JD・アレン(ts)、シンディ・ブラックマン(ds)等とも共演。
同年10月に、早間美紀デビューアルバム“ウ゛ァイブラント”(2004年7月1日発売)のきっかけとなったライブ、ショーン・ジョーンズ(tp)クァルテットが名門ジャズクラブ“ジャズ・ギャラリー”でロイ・ハーグローブ(tp)をフィーチャーし行われ、その時の彼女を含む女性トリオと二人のトランペッターの演奏が話題を呼んだ。
2004年3月、レコーディングメンバーを率いて早間美紀クインテットが“ジャズ・ギャラリー”に出演し、大好評となる。5月には、ミリアム・サリウ゛ァン(b)のグループで“ケネディー・センター”で行われる“ウーマン・ジャズフェスティバル”に出演。現在、自己のグループの他、サイドメンとして数多くのセッションをこなし、また、ラルフ・ピーターソン(ds)セクステットのピアニストとして迎え入れられ、活躍中。
ジャズ以外では、毎週日曜日に黒人教会でゴスペルを演奏。
http://www.mikihayama.com/
▲ページのトップへ戻る