石橋 敬一 ベース
石橋 敬一
石橋 敬一(いしばし けいいち)
52年姫路市生まれ。
大学時代にプロになり、全日本プロ・アマジャズコンテストで3位になる。
’79年渡米し、ボストンのバークリー音大を奨学生として作・編曲科を3年で修了し,首席で卒業する。在学中、<エディ・ゴメスジャズマスターズアワード>、<デューク・エリントンジャズマスターズアワード>を受賞。ボストンジャズ協会からは最優秀ミュージシャンとして<ロイ・ヘインズアワード>の表彰を受ける。又、ダウンビート誌主催の全米・カナダ学生ジャズコンテストでピアニストの小曽根真とのデュオで優勝する。
’82年卒業直後にニューヨークに移住し、ジョージ・ムラーツの唯一の弟子になる。在住中に、ビリー・ハーパー、ウィントン・マルサリス、ブランフォード・マルサリス、マーヴィン・スミティ・スミス、ルー・タバキン、ウォーレス・ルーニー、ゲーリー・バートン等と共演する。
’84年帰国し、東京に住む。渡辺貞夫、日野晧正はじめ、鈴木宏昌、猪俣猛、今田勝、伊藤君子、ジョン・海山・ネプチューン、渡辺香津美、阿川泰子等多数共演。又、TVのCMや、映画音樂、CDも多数レコーディングしている。
’85年より日本テレビの<今夜は最高>に5年間レギュラー出演し、スタジオミュージシャンとしても活躍し、渡辺真知子、島田歌穂、Gクレフ等の全国ツアーをする。
’94年姫路に戻り、ジャズクラブWISH(ウイッシュ)を開店。国内外のミュージシャンを招き、自らリーダーとしてライブを行う一方、’97年NHK教育TV<山下洋輔のジャズの掟>にレギュラー出演する。
’99年、自らプロデューサー、ベーシストとして発表した、大型新人ジャズ・ゴスペルシンガー越智順子のCD<EXPOSURE>が大ヒットし、コンサートツアー等で全国を飛び回っている。
第2弾は’01年11月発売の越智順子CD<JESSE>もプロデュース。
▲ページのトップへ戻る