甲斐 恵美子 ピアノ
甲斐 恵美子
甲斐 恵美子(かい えみこ)
東京生まれ。
4歳からピアノを始め、青山学院高等部からバレエのレッスンの伴奏、作曲、編曲などを手がける。高校3年の時から自己のピアノ・トリオを結成して、ライブ・ハウスに出演するようになる。70年代には、ジャズ・ボーカルの大御所マーサ三宅に才を認められて、彼女のライブ出演の伴奏をつとめるようになり、スタンダード・ジャズの歌曲についての造脂を深める。同時にジャズ・ピアノの勉強にも本格的に取り組み、ビル・エバンスやキースジャレット始め、数多の有名ピアニストの奏法を研究し乍、自己のスタイルを作る努力を続けた。スタンダード歌曲についての深い知識から生まれた俊れた解釈と歌心は、歌手たちから絶大の信頼をよせられている。
スタンダードなジャズ・ナンバーに対する女性らしい繊細な解釈と、男性にも負けぬ鋭いリズミックなタッチを併せ持つ彼女のピアノには、 独自の美の世界が輝いている。昔から作曲についての関心も高く、多くのオリジナル作品を書いている。
1978年にキングレコードからLPアルバム「EMILY」を出したのを始めに、79年にはビクターから「 LIVE AT THE CARNIVAL 」のアルバムを出し、続いて東芝から、「MY WAY」「MR.LONELY」の2枚を発表した。その後CBSソニーの専属となり、「EMERALD CITY」 「CRYSTAL ECHO」を発表後、89年にはニューヨークに赴いて、有名なギル・エバンスのオーケストラのメンバーを集めてオリジナル作品集「 SOME OTHER WORLD 」を録音した。ギル・ゴールドスタインのアレンジによるジャズ・オーケストラのモダンなサウンドと、甲斐恵美子のきらびやかなピアノとの絶妙のブレンドは、非常に現実的な感覚のピアノ交響詩ともいうべきアルバムを完成した。これは、彼女のように高い音楽性と創造的なジャズ感覚を持つピアニストにして始めて作りえるレベルの高い作品であった。
1987年には自己のカルテットでインド4都市、計13公演のコンサートツアーを行い、各地の聴衆や新聞の批評で絶賛をあびている。
90年にはテニスのメッカ、イギリスの郊外ウインブルドンを訪れ組曲に仕上げる。 この中の数曲が90年から95年にかけて、NHKの衛星放送の「ウインブルドン・テニス」の合間に流されて評判になった。
91年から92年にかけて2回北欧を旅して書きためた曲を中心に、94年10月に「KAI,EMIKOジャズオデッセイ」と題するコンサートを行い、好評を博す。
95年3月には 「KAI、EMIKOジャズオデッセイ」としてNHK・FMに出演する。
95年にはイタリアのシチリア島、96年にはトルコに旅をして新たな曲を書きためている。

【DISCOGRAPHY】
May 1978 Emily(Drums:Donald Bailey) King
May 1979 Live At The Carnival Victor
Nov 1979 May Way Toshiba EMI
May 1982 Mr. Lonely Toshiba EMI
Sept 1986 Emerald City (recorded in Seattle ) CBS/ SONY
July 1987 Crystal Echo CBS/ SONY
Nov 1989 Some Other World(Featuring The Monday Night Orchestra ) CBS/ SONY
http://www.kaiemiko.com
▲ページのトップへ戻る