神谷 えり ボーカル
神谷 えり
神谷 えり(かみや えり)
1971年3月17日 東京生まれ
父はスティールギター制作者、母はスティールギター奏者。幼少からさまざまな音楽に触れ、3才の時に聴いたスリーディグリーズに強く影響を受け、ソウル、ジャズ等、特にコーラスグループを聴くようになり、バンド活動の傍ら作詞、作曲、アレンジを始める。
JAZZスポットでのLIVE活動は18才の頃から始め、ベーシスト鈴木良雄氏のバンド「EAST BOUNCE」のアルバム"Kisses on the wind"に、ラルフ・マクドナルドと共にゲストで参加。その他「Skoop on somebody」「FU-TEN」等、ジャズ以外のアーティストの作品にもゲストで参加している。
その後テイチク(Imperial Records)より「リピート」でデビュー。BMGファンハウスに移籍後、 「Don't wanna fall in love」「 I've known you」とシングルに続き、アルバム「Eternal Ring」を発表。コーラスをメインサウンドにした独自のスタイルを築き、セルフプロデュースをする。
また、Vocal, Guitar,Percussionからなるユニット「E7th」を結成し、母である関万里子にスティールギター、ウクレレ等で参加してもらうなど、国内はもとより、海外のミュージシャンとも共演。2001年6月28日に「E7th」としてのハワイアンアルバム、"HULA NOVA"をRipcurl Recordsより発表。
ライフワークとしてのライブ活動では主に自身のグループ「EKremix」で活動しており、メンバーは奥山勝(P,Key)伊藤寛康(B)藤井摂 (Ds)。
その他、秋田慎治(P)とのDUO UNITを始め、吉岡秀晃トリオ、五十嵐一生グループ、AQUAPIT、鈴木良雄、大野雄二、横山達治、大石学、大坂昌彦、椎名豊、TOKU、小沼ようすけ、太田剣らと共演している。
http://erikamiya.com/
▲ページのトップへ戻る