川本悠自 ベース
川本悠自
川本悠自(かわもと ゆうじ)

1978年8月31日 千葉県出身。
高校よりエレキベースを始める。立命館大学入学と同時にジャズ研に所属。ウッドベースを始める。
1999年、京都大学 Dark Blue New Sounds Orchestra に所属し、山野楽器主催BIG BAND JAZZ CONTESTにて優秀賞全国三位を受賞、以後、関西でジャズを中心とした音楽活動を行う。
卒業後、2001年頃より東京に拠点を移し、都内近郊のジャズクラブに出演するかたわら、エレキベースとウッドベースの両方を使ってラテンやクラブミュージックからポップスまで幅広いジャンルでライブ、レコーディングなどで活動を始める。

2007年にはスウィングジャーナル誌人気投票6年連続一位のアカペラカルテット「XUXU」と共作アルバム「アカペラ協奏曲第1番作品23」を発表、XUXU、山下洋輔氏らと「JAZZ CLASSIC2007ツアー」を行う。同じ頃にサックス奏者の山口真文氏、翌年にはジョージ大塚氏など、日本を代表するジャズミュージシャンのバンドに参加。現在ジャズをベースにした自己のオリジナルの音楽を追求すべく演奏活動を行っている。

また、ダンスや演劇といった音楽以外のフィールドでのコラボレーションも意欲的に取り組んでおり、2007年にはミュージカル「ブルックリン」で伴都美子氏、石井一孝氏、マルシア氏と共演。2009年には東京国際タップフェスティバルのバックバンドを勤めた。

エレキベースを元T-SQUAREの田中豊雪氏、クラシックコントラバスを太田宏氏(東京ローヤル交響楽団)、音楽理論を二本柳一明氏に師事。
http://sound.jp/yujik/
▲ページのトップへ戻る