丸山 繁雄 ボーカル
丸山 繁雄
丸山 繁雄(まるやま しげお)
1951年 新潟県高田市生まれ。
早大第一文学部在籍中より、早大モダンジャズ研究会にて、ボーカル・インプロビゼーションを指向。都内ジャズクラブにて演奏を開始。
1974年小谷教夫トリオでプロ初舞台。以後、古澤良次郎・向井慈春・宮坂高史等とレギュラー共 演後、新宿ピット・インのプロデュースで自己のリーダー・グループ「銀河鉄道」を本多俊之・向井・古澤らと結成。オリジナル曲の作編曲に腕を振るう。初リーダーアルバム「A Young Father's Song」(アケタズ・ディスク)を発表。日本縦 断ツアーを敢行。「日本ジャズ界に前例を見ない知的革新性」(明田川荘之)の定評を得る。
1983年井上淑彦、米田正義、望月英明等と、グループ「酔狂座」結成。全国ツアー。同年松竹映画「男はつらいよー寅次郎恋愛塾」(山田洋次監督)出演。以後「丸山繁雄酔狂座」リーダーとして多くのミュージシャンとの共演を重ね現在に至る。作編曲にも長け、単なるボーカリストの枠にとどまらない音楽活動を30年継続。
1987年より、日本大学芸術学部音楽学科講師。 研究「The Language Assimilation Phenomenon Of African-American Music」(アフリカンーアメリカン音楽の言語同化現象)にて、Tulane University Jazz Archive の高い評価を得る。
1990,91年連続、スイングジャーナル誌批評家投票第一位。(その後本批評家投票は廃止。)
2001年5月日本人ボーカリストとして初めて名門ヴァーブよりCD「The Vintage Songbook」を発売。
http://www.shigeo-maruyama.com
▲ページのトップへ戻る