峰厚介 テナーサックス
峰厚介
峰 厚介(みね こうすけ)
1944年、東京生まれ。
中学時代ブラスバンド部に入り、クラリネットを吹き始める。17才頃にはクラリネット奏者としてアルバイトを始める。この頃よりアルトサックスも手掛け始める。
高校2年の時、ジャズ喫茶でレコードを聴いたのがジャズとの出会いである。その時期はArt Blekeyの「モーニン」などがよく聴かれるファンキージャズブームの頃である。 1963年にジャズバンドに入り、ジャズクラブなどでアルトプレイヤーとして演奏を始める。
1969年にピアニストの菊地雅章に見い出され彼のバンドに入団し、解散する1973年まで同バンドに在籍する。
1970年には初のリーダーアルバム「MINE」を発表する。この年スイングジャーナル誌読者人気投票のアルト・サックス部門において渡辺貞夫に次ぐ第2位となり新人アルトプレイヤーとして注目を集める。
1971年にはMal Waldron(ピアニスト)の日本公演及びライブレコーディングに参加、同じく菊地雅章とJoe Hendersonのコンサートにも参加する。この年よりテナーサックスを吹き始める。
1973年菊地雅章バンド退団後、ニューヨークに渡り2年間滞在する。
この間にも一時帰国し、菊地雅章のコンサートに出演、自己のアルバムレコーディングも行う。 1975年帰国後すぐに自己のグループを結成し演奏活動を開始する。
1976年にはGil Evansオーケストラの日本公演にアルトプレイヤーとして参加する。
1978年には本田竹広(ピアニスト)等とNATIVE SONを結成し、コンサート活動やアルバム制作(計8枚)を行いジャズ・フュージョングループとして人気を博す。
1983年には同グループでサンパウロ(ブラジル)、モントルー(スイス)のジャズフェスティバルに出演、ニューヨークのボトムライン、7thアヴェニューサウスでもライブを行う。
現在は1992年に結成した自己のクィンテットを中心に演奏活動を行い、1993年には同グループによる久々のリーダーアルバム「MAJOR TO MINOR」を発表し、この年のスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞において日本ジャズ賞を受賞する。
1996年には同クィンテットでニューヨークのジャズクラブ「バードランド」に出演、1997年10月には同クィンテットの3作目になるアルバム「BALANCEZ」を発表する。
スイングジャーナル誌のポールウィナー・テナーサックス部門では1991年より8年連続(通産10回)のウィナーに輝いている。
リーダーアルバム以外のレコーディングでは菊地雅章('70~'89) 、マル・ウォルドロン('71)、渡辺貞夫('73、'76)、日野皓正('77)、冨樫雅彦('91~'98)、NATIVE SON, FOUR SOUNDなどを含め40枚以上のセッションに参加している。

【リーダーアルバム】
「MINE」1970年(TBM)
「SECOND ALBUM」1972年(TBM)
「DAGURI」1973年(VICTOR)
「OUT OF CHAOS」1974年(EAST WIND)
「SOLID」1975年(EAST WIND)
「SUN SHOWER」1976年(EAST WIND)
「MAJOR TO MINOR」1993年(VERVE)
「DUO」1994年(VERVE)
「IN A MAZE」1995年(VERVE)
「BALANCEZ」1997年(MEDIA RINGS)
▲ページのトップへ戻る