大口 純一郎 ピアノ
大口 純一郎
大口 純一郎(おおくち じゅんいちろう)
1949年 東京生まれ。
「ユモレスク」を聴いてピアノを志し、幼時よりクラシックに親しむが、大学時代に、アントニオ・カルロス・ジョビンとビル・エヴァンスを聴いて感動し、ブラジル音楽とジャズをはじめる。
東工大卒業後1974年プロ入り。以後渡辺文男をはじめ数々のグループで演奏。1977年にはフランク・ウエス(ts, fl)と共演したリーダーアルバム「OLD FOLKS」を発表。
現在は峰厚介クィンテッドのレギュラーをつとめるほか自己のユニット、数々のセッション都内のライブハウスを中心に活躍中。
▲ページのトップへ戻る