斉田 佳子 ボーカル
斉田 佳子

斉田 佳子(さいた よしこ)
出身地:神奈川県横浜市
出身大学:米国バークリー音楽大学ピアノ・ヴォーカル専攻
共演者:宮川泰、山口真文、五十嵐一生、古野光昭、世良譲、ソウルボッサトリオ 他
過去在籍グループ:ゴスペルクワイヤー、ヴォーカル・サミット(ともに米国)

6歳の頃、神戸に転居。『小曽根音楽教室』でハモンドオルガンを始める。
8歳の頃から小曽根実(オルガン)、小曽根真(ピアノ)親子のディナーショーの前座で歌う。
中学生の頃から、サラ・ヴォーンを聴き、ジャズヴォーカルに興味を示す。
16歳でアメリカ・マサチューセッツ州の交換留学生として渡米。
バークリー音楽大学在学中、オーヴィル・ライト率いるゴスペルクワイヤー、ロバート・ストロフ(元リッツ)率いるアカペラグループ、ヴォーカル・サミットのメンバーとしてアメリカ東部ツアーに帯同。
またソロヴォーカリストとしてもボストン市内のジャズスポットやTVに出演し、好評を博す。
卒業と同時に帰国。以後、国内のライブハウス、スタジオにて活動。
1999年には初のソロアルバム『THIS SIDE OF PARADISE』をリリースし、実力派ヴォーカリストとして各方面で高い評価を得る。
独特のリズムにのせた浮遊感あふれるヴォーカルは、まさに聴く人の心を癒すサウンドテラピー。
「この国のジャズを自らの言葉とメロディーで表現したい」という彼女は多くのオリジナル曲を持つ。斉田佳子が理想とする日本独自のアイランドジャズの奥は深い。

【DISCOGRAPHY】
1999.12 ソロアルバム『THIS SIDE OF PARADISE』(FLAT FISH RECORD)
レコーディングメンバー:斉田佳子(VO)、南博(P)、安カ川大樹(B)、近藤和彦(SAX)、ツノ犬(DS)
2000.2 Junky Funkのメンバーとして『JACK-IN-THE-BOX』(イーストワークス)
http://www.saita-saita.net/
▲ページのトップへ戻る