椎名 豊 ピアノ
椎名 豊
椎名 豊(しいな ゆたか)
1964年9月23日、東京都墨田区生まれ。
父親の影響で3歳より本格的なピアノレッスンを始めた。1982年国立音楽大学作曲学科に入学。
在学中よりプロとしての活動をスタ−トした。卒業後、毎年数ヵ月のペ−スでニュ−ヨ−クに滞在し研鑽を重ねる一方、1989年のライオネル・ハンプトンオ−ケストラの日本公演、ビンセント・ハ−リングカルテットへの参加等、積極的かつ目覚ましい活動を行ってきた。
1990年6月、ロイ・ハーグローブ(tp)、大坂昌彦(ds)らとロイ・ハーグローブ・カルテットを組み、これをきっかけとして翌1991年にアントニオ・ハート(as)を加えて日米混合ユニット『ザ・ジャズ・ネットワークス』を結成、日本側のリーダーとして活躍する。
’92年「ストレイト・トゥ・ザ・スタンダ−ド」、’93年「美女と野獣」を発表。’
94年フロントがアントニオからジェシー・デイビス(as)に代わり、ジョシュア・レッドマン(ts)をゲストに迎え「ブル−ズン・バラッズ」を発表。’95年ダビッド・サンチェス(ts)をゲストに迎え「ザ・ジャズ・ネットワ−クス・イン・ザ・ム−ビ−」を発表。
1994年5月、ウィントン・マルサリス(tp)グループで活躍したレジナルド・ヴィール(b)を迎えて、ソロ・デビューアルバム『ムーヴィン・フォース』を発表。スイングジャーナル誌でも満点の五つ星を獲得し、絶賛された。同年5〜6月に同メンバーで全国ツアーを行い成功を収めた。
1995年10月、レジナルド・ヴィールとハーリン・ライリー(ds)を配した2ndアルバム『ヒッティン・ザ・スピリット』を発表。同年10〜11月レジナルド・ヴィール、広瀬潤次(ds)のメンバーでCD発売記念ツアーを行い、好評を博す。
1996年1月 スイングジャーナル誌主催、’95ジャズ・ディスク大賞にて『ヒッティン・ザ・スピリット』が最優秀新人作品賞を受賞。同年6月ダスコ・ゴイコビッチ(tp)と共演、全国ツアーをし、CD『グッド・オールド・デイズ』を録音。また同年8月3rdアルバム『アット・ザ・モーメント』をニューオリンズにて録音。このCDには前回同様レギュラーメンバーのレジナルド・ヴィール、ハーリン・ライリーに加えて、ニコラス・ペイトン(tp)が参加。9月には、"エルヴィン・ジョーンズ・ジャズ・マシーン"のメンバーとして3週間のヨーロッパ・ツアーに参加。ポーランド・スウィドニク、イギリス「ロニ−・スコッツ・クラブ」、フランス「モントルイ・ジャズ祭」、「ニュ−・モ−ニング・クラブ」に出演。同年11月3rdアルバム『アット・ザ・モーメント』を発表。同年11〜12月には、『アット・ザ・モ−メント』CD発売記念ツア−としてハ−リン・ライリーと新進気鋭の若手ベーシスト、デビッド・グロスマンを擁したトリオで全国ツアーを行う。このライブはNHK・FMでオン・エアされ、絶賛を博す。
1997年12月、レコ−ディング・メンバ−であるレジナルド・ヴィール、ハーリン・ライリーとトリオを組み全国ツアー、続く翌1998年1〜2月にはNY在住のベ−シスト、中村健吾と日本でレギュラ−を組む広瀬潤次(ds)のトリオで全国ツアーをし、各地にて話題を巻き成功を収めた。
1998年11月、クリスチャン・マクブライド(b)とクラレンス・ペン(ds)を迎え、4thアルバム『ユナイテッド』を発表。同年11〜12月、『ユナイテッド』CD発売記念ツア−としてロドニ−・ウィテカ−(b)、クラレンス・ペン(ds)とトリオを組み、全国ツア−を行う。
1999年7月、中村健吾と広瀬潤次のトリオでドイツ・ツア−、『欧州文化首都ワイマ−ル99/第7回EUジャパンフェスト・国際ジャズフェスティバル』に参加。
2000年10月、レギュラ−トリオとして日本で活動をしてきた中村、広瀬とトリオを組み、長年の仲間達をホ−ンセクションに迎え、5th『ハッピ−・トゥ・スイング』を発表。
海外でもそのユニークなタッチとピアノサウンド、オリジナル曲が高く評価されている日本ジャズ界の逸材。
【椎名 豊/ Discography】
1990  「Now's the Time Workshop
/岡 淳クインテット」( ファン・ハウス)
1991 「Now's the Time Workshop Vol.2
/椎名 豊クインテット」( ファン・ハウス)
(原 朋直(tp)、山田 穣(as)、嶋 友行(b)、大坂 昌彦(ds))
1992 「Straight to the Standards/THE JAZZ NETWORKS」* (BMGビクター)
(ロイ・ハーグローブ(tp)、アントニオ・ハート(as)、嶋 友行(b)、大坂 昌彦(ds))
1993 「Beauty and the Beast/THE JAZZ NETWORKS」(BMGビクター)
(ロイ・ハーグローブ(tp)、アントニオ・ハート(as)(ss)、嶋 友行(b)、大坂 昌彦(ds))
1994 「Blues'n Ballads/THE JAZZ NETWORKS」*(BMGビクター)
ロイ・ハーグローブ(tp)、ジェシー・デイヴィス(as)、ジョシュア・レッドマン(ts)、山下 弘治、ロドニー・ウィテカー(b)、大坂 昌彦(ds))
『Movin' Forces/椎名 豊』(BMGビクター)
(レジナルド・ヴィール(b)、大坂 昌彦(ds))
「日本ジャズ維新・ジャム」(キングレコード)
1995 「THE JAZZ NETWORKS in the Movies」(BMGビクター)
(ロイ・ハーグローブ(tp)、ジェシー・デイヴィス(as)、ダビッド・サンチェス(ts)、 井上 陽介、中村 健吾(b)、大坂 昌彦(ds))
「The Newest Boss Guitar/岡安 芳明」(キングレコード)
『Hittin' the Spirit/椎名 豊』*(BMGビクター)
(レジナルド・ヴィール(b)、ハーリン・ライリー(ds))
「日本ジャズ維新〜天の巻」(キングレコード)
1996  「日本ジャズ維新〜地の巻」(キングレコード)
「For Musicians Only/原 朋直」(キングレコード)
「"Live" at BASH!/竹内 直」(サウンド・マトリクス)
「Good Old Days/Dusko Goikovich」(キングレコード)
「The Other Day/THE JAZZ NETWORKS」(BMGビクター)
(ロイ・ハーグローブ(tp)、アントニオ・ハート(as & ss)、ジェシー・デイヴィス(as)、 ジョシュア・レッドマン(ts)、ダビッド・サンチェス(ts)、嶋 友行、 山下 弘治、井上 陽介(b)、大坂 昌彦(ds))
『At the Moment/椎名 豊』(BMGビクター)
(レジナルド・ヴィール(b)、ハーリン・ライリー(ds)、ニコラス・ペイトン(tp)) 
1998 「Jazz Workshop presents "PANDORA" 」(東芝EMI)
『United/椎名 豊』*(BMGジャパン)
(クリスチャン・マクブライド(b)、クラレンス・ペン(ds))
2000 「Burnin' Four Nights/川嶋哲郎」(キングレコード)
『Happy To Swing/椎名 豊』(BMG FUNHOUSE)
(中村 健吾(b)、広瀬 潤次(ds)、岡崎 好朗(tp)、池田 篤(as & sopranino)、 山田 穣(as)、川嶋 哲郎(ts)、片岡 雄三(tb))
(*印はスイングジャ−ナル選定ゴ−ルドディスク)
(BMGビクター →BMGジャパンー →現BMG FUNHOUSE)
http://home.att.ne.jp/air/y-shiina/
▲ページのトップへ戻る