多田 誠司 アルトサックス
多田 誠司
多田 誠司(ただ せいじ)
Alto Sax. Soprano Sax. & Flute
中学、高校を通じて吹奏楽部でFluteおよび指揮者を担当する。岡山大学入学と同時にJAZZ研究会に入部。20才の時AltoSaxに転向する。大学卒業後、就職のため地元に帰り、セミプロの立場で中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZへの情熱を捨て切れず、1988年上京。都内ライブハウスで活動を開始する。
以後、小林洋子(P)グループ等を経て1990年に村田浩(Tp)&The BOP BANDに参加。1992年にCD『The Blues Walk』にて全面的にフィーチャーされ、一躍脚光を浴びる。1993年末には、キングレコード主催、日本の若手ミュージシャン達による『日本ジャズ維新ジャム』のレコーディングにも参加。その情熱あふれるプレイで多くのファンを獲得する。1994年10月にはドラムの猪俣猛氏の『Japan Just Jazz All Stars』の一員として国際交流基金主催のメキシコ公演に参加、大成功を収める。また、1995年7月には転職情報誌「Be-ing」にその脱サラ人生が大きく取り上げられる。
1996年3月には大西順子(P)QUINTETの一員としてBLUENOTE東京・福岡・大阪の3週間にわたるツアーに参加。Marcus Belgrave(Tp),Rodney Whitaker(B)ら海外一流ジャズメン達と共演し交流を深める。また1997年5月にもJAZZWORKSHOPの一員として二年連続でBLUENOTE公演に参加。さらに高い評価を得る。
1997年6月、待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝EMIより発売。SWINGJOURNAL誌主催、97年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。98年4月には来日中のBranford Marsalisがこのアルバムを絶賛し、BLUENOTE東京にて共演するチャンスにも恵まれた。99年8月にSLASH!のデビューアルバム「SLASH!」をEWEよりリリース、高い評価を得る。また世界的トランペッター日野皓正に認められ99年9月から彼のグループにレギュラーメンバーとして参加する。
97年9月に自己のQUARTET、98年10月、99年9月にSLASH!でNHK-FM「セッション'97、'98、505」に出演。2000年度、SWINGJOURNAL誌「日本ジャズメン人気投票」でALTO部門第四位、コンボ部門でSLASH!が第六位に急浮上する。
現在、『日野皓正QUINTET』『日野元彦 CLUB TOKO』『SLASH!』『Altoなかよしこよし』『宇川彩子GROUP』『香取良彦(Vib)オーケストラ』『東京LeardersBigBand』等のレギュラーを務める一方、辛島文雄(P)セッション、大坂昌彦(Ds)セッション等で活躍中。
また、演奏活動のかたわら尚美音楽学園およびDa Capoで講師として教鞭をとる。

【主な参加CD】
『SLASH!』 SLASH!(East Warks Entertainment)
『SPIRIT』 Club TOKO SEXTET(East Warks Entertainment)
『TAC TIC』 日野元彦SEXTET(East Warks Entertainment)
『The TAP』 宇川彩子GROUP(KING RECORDS)
『The GIG』 多田誠司QUARTET(東芝EMI)
『The SEXTET』 JAZZ WORKSHOP(東芝EMI)
『Riverside Music Garden』 香取良彦JAZZ ORCHESTRA(テイチク)
『Savanna』 角田健一BIGBAND(角田健一BIGBAND)
『Twin Heros』 日本ジャズ維新ジャム(KING RECORD)
『Jazz Battle Royal』 日本ジャズ維新ジャム(KING RECORD)
『日本ジャズ維新ジャム』 日本ジャズ維新ジャム(KING RECORD)
『def』 原=大坂クインテット (KING RECORD)
『Dawn Blakes』 原=大坂クインテット (KING RECORD)
http://www.tadasei.com/
▲ページのトップへ戻る