高田 ひろ子 ピアノ
高田 ひろ子
高田 ひろ子(たかだ ひろこ)
5歳からピアノを学ぶ。
中学の頃からクラシックと平行してフュージョン系の音楽に興味を持つ。
大阪芸大在学中から、ライヴ活動を始める。
81年上京。ジャズ音楽の基礎を高瀬アキ氏に学ぶ。また現代音楽奏法と作曲法を平尾はるな、松平頼暁両氏に師事。
92年「ピアノナウ」で一柳 慧、ジョルジュリゲティの作品を演奏。ジャズをベースにした様々なグループやセッションで活動してきた。
また民族楽器との共演も多い。
現在は自己のカルテットやトリオ以外にも、澄 淳子(vo)、清水 翠(vo)、藤本 隆文(vib)等とのコラボレイションやソロなどでも活動中。
また96年〜99年、スイスのベーシストBaenz Oesterとのデュオでスイス、及び日本でツアーを行った。

高田 ひろ子 カルテット:
1995年結成。当初のメンバーは、Andy Bevan(sax)、小井 政都志(bass)、小野江一郎(drums)。 ライヴハウスを中心に活動し、オリジナルの世界を広げて行った。
96年、銀座“ソミドホール”にてコンサートを行った。
その後ベースに香川 裕史を迎え、98年、ドイツのレーベル“Traurige Tropen”よりCD「a song for someone」をリリース。ジャズライフ誌、スウィングジャーナル誌などで好評を得る。
同年、小野江氏渡仏を契機に、ドラムスに岩瀬 立飛、ベースに安ヵ川 大樹を迎え、ライヴを重ねる。
99年、広島・“神辺ジャズフェスティバル”に参加〜このメンバーはAndy、香川、井川 晃(drums),太田 恵資(violin)。
2000年、CD「a song for someone」は、ディスクユニオン社の選ぶ“90年代のJazz-CD、Best 50”の一枚に選ばれた。
又、01年には、大阪府茨木市“ワムホール”にて、コンサートを行う。
03年、多忙なメンバーに加えて、ドラムスに池長 一美、ベースに山田 晃路を迎え、さらにライヴ活動の充実を図る。
03年10月、“ローヴィング スピリッツ”レーベルより、セカンドアルバム「Elma」をリリース。〜録音参加メンバーは、Andy Bevan(sax)、安ヵ川 大樹(bass)、岩瀬 立飛、池長 一美(drums)。ジャズライフ、スウィングジャーナル、CDジャーナル、アドリブ、ステレオ等の、音楽誌で絶賛される。
http://homepage3.nifty.com/gateway/jazz/
▲ページのトップへ戻る