高樹 レイ ボーカル
高樹 レイ
高樹 レイ(たかぎ れい)

高校在学中よりJAZZ VOCALに目覚め、Jazz・Pops中心に地元で活動を始める。大学英文科卒業後、ジャズ専門誌スイングジャーナルに3年間勤務、偉大な一流ミュージシャン(ハービー・ハンコック,ウェイン・ショーター,ビリー・ハーパー,etc)との交流を深め、その後仕事も兼ねて単身渡米する。帰国後FM東京・FM横浜などのDJを経て、プロのJazz Vocalistとして、都内各地で活動を始め現在に至る。色々なジャンルの曲を感性豊かに表現し、特にバラードなどは、日本人離れした Grade の高い Level の高いVOCAL として評価されている。

99年11月25日、(株)カメラータトウキョウ、インサイツレーベルよりNew York 録音ファーストアルバム「Now Hear This!!」発売。今までほとんどのボーカルがやって来なかったアップテンポの曲を敢えてスローテンポに独自の感性でハーモナイズしながら表現し、高い評価を得る。

2002年6月24日、同レーベルよりウィーン録音セカンドアルバム「Here's That Rainy Day」をヨーロッパ先行発売。そして同年9月20日、日本発売。このアルバムは世界で類を見ないトーチソング(失恋)・バラード集で、ヨーロッパと日本で高い評価を得た。曲をストレートに表現する感性は絶品である。同時に、ウィーンで一番の老舗ジャズクラブ【JAZZ LAND】での定期的なライブ活動。また、レコーディングメンバーが来日してのユーロジャズとのセカンドアルバム発売記念全国ツアーも大成功をおさめている。実力派バラード・トーチシンガーとしての地位を各界で確立、ラジオニッポン「保彦&ひろのJAZZ TIME'02」でも活躍中。 スイング・ジャーナル誌主催「第36回 2002年度ジャズ・ディスク大賞 ボーカル部門」にもノミネートされるなど、世界に羽ばたく正統派・実力派シンガーである。

そして、2004年12月12日よりヨーロッパ・ライブツアーが再度決定!それもウィーンのジャズクラブ老舗【JAZZLAND】に於いて、日本人アーティスト初の欧州ライブレコーディングが決定した。2日間、かの有名なGary Foster氏を交えてのライブの模様がそのままCD化され、日本・ヨーロッパ同時発売され大成功に終わる。2005年3月18日より【福岡ブルーノート】を皮切りに、【青山Body&Soul】まで彼等が来日し、日本横断ツアーが再度決定し、各所で大成功を収める。 この高樹3作目のCDは、「ライブ in ウィーン」というタイトルで、欧州での素晴らしいライブの模様がそのまま商品化され、思う存分楽しめる内容となっている。業界・各方面でもかなりの話題を独占。エンターテインメント性の高いスケールの大きいステージは、ヨーロッパでも日本でも聴く者を大いに魅了して止まない。とうとう世界に向けて羽ばたいてしまったシンガーである。
http://www.interq.or.jp/www1/tokyojaz/
▲ページのトップへ戻る