植松孝夫 テナーサックス
植松孝夫
植松孝夫(うえまつたかお)
1947年4月16日東京生まれ
’66年  19歳でプロ入り。
「石川昌とカウント・バッファロー」「杉本喜代志カルテット」を経る。
’69年 「ジョージ大塚カルテット」に参加、脚光を浴びる。同年、自分の初のリーダーでアルバム「デビュー」「TBMレコード」を発表。
’70年 ジョージ大塚グループでのアルバムの参加。その後、渡辺香津美の初アルバム、日野元彦の初アルバムに参加。
’71年 ニューヨーク帰りの日野皓正クィンテットに参加。同年秋にベルリン・ジャズ・フェスティバルに日野バンドで出演、この演奏はライブレコードになっている。
’72年 カーネギー・ホールで行われたニューポート・ジャズ・フェスティバルに日本人では初めて出演。NYから帰国後、日野バンドとアルバム「藤」、レジー・ワークマンと「A・パート」で共演、マル・ウオルドロンなど、次々にレコーディングに参加。
’73年  日野バンドを脱退。自己のグループ活動に入る。様々なミュージシャンとセッションを重ねた後、自己のオリジナリティ、音楽観を見つめ直す為、5年程音楽とは離れた生活を送る。
’80年  チルコバンオーケストラ、に東南アジアツアーに参加。
’84年 カムバック。
’85年 スティーブ・ガッド、エディ・ゴメスらと一週間のライブ、これを皮切りに積極的な音楽活動に入る。
’87年 上野尊子、88年、ジュリアのレコーディングに参加。浅川マキのレコーディングにも85年から87年にかけて参加。
’88年 日野元彦リーダーのCD、コンサートツアーに参加。
’89年
’90年
浅川マキとレコーディング、ライブに活躍する。
’92年12月 東芝EMIにリーダーアルバムを吹き込む。発売は5〜7月の間、彼の音楽ルーツとなっている、ダニーハサウェイ、マービーゲイルの曲など。本田竹廣、辛島文雄、自己のカルテットで、都内のライブハウス、コンサートなどでプレイする。
’00年〜 現在は自己のグループ、スターシップ、峰厚介との2テナー、その他でコンサート、ライブを行っている。
▲ページのトップへ戻る