山本 恵理 ピアノ
山本 恵理

山本 恵理 (やまもと えり)ピアニスト/コンポーザー

 大阪府出身。3歳よりピアノを始め、8歳から独学で作曲を始める。高等学校音楽科ではピアノに加え、声楽、ビオラ、作曲等幅広く学び、大学(作曲専攻)に至るまで、数多くのコンサートを行う。1995年大学院在学中、ニューヨークでトミーフラナガンの演奏に感銘を受け、ジャズに傾倒。同年、NYに渡る。ベーシスト、レジーワークマンの勧めで、ニュースクール大学ジャズ科に入学。ジュニアマンス、リアンレジウッド、アンドリューシリル、レジーワークマンなどに師事。在学中よりニューヨークを中心に精力的に活動を開始。JVC Jazz Festival, Smalls,Lenox Loungeを始め、数多くのコンサートを行う。

 1999年、自らのトリオでイーストヴィレッジの “Avenue B Social Club” でのレギュラーコンサートを始める。そこで、マシューシップを含む様々なミュージシャンと親交を深める。2000年からは、自己のトリオ(デイヴィッドアンブロージオ:ベース、竹内イクオ:ドラムス)で、グリニッジヴィレッジに位置する歴史あるジャズクラブ ”Arthur’s Tavern” にレギュラー出演している。2001年より、日本全国でも定期的にツアーをおこなっている。またアメリカ国内、カナダ、ヨーロッパでも頻繁にコンサートツアーを慣行。2006年UKでのCheltenham Jazz Festivalでは、絶賛を受ける。最近では、モントリオールのジャズコンサートシリーズJazz on Rafaleに、またウイリアムパーカーセクステットのメンバーとしてはイタリアのRoccella Jazz Festivalに出演。

 これまでに4枚のリーダーアルバムを発表。ニューアルバム“Cobalt Blue”(Thirsty Ear Recordings)は世界発売され、数多くの高い評価を得る。

 自己のトリオでの活動に加え、ウイリアムパーカー、ダニエルカーター、ロンマクルーアー、アンディーマッキー、ハミッドドレイク、ルイスバーンズ、ロブブラウン、リーナコンクエスト、クリスサリバン、マイケルトンプソン等、様々なミュージシャンと共演。2005年に発表されたウイリアムパーカーのトリオアルバム ”Luc’s Lantern” での演奏は、世界中から数多くの評価を得る。2007年秋には、ウイリアムパーカーセクステットのファーストアルバム “Cornmill Dance” (Aum Fidelity)がリリースされる。

http://www.eriyamamoto.com
▲ページのトップへ戻る